天皇賞 秋 予想

TOP
競馬初心者,女性

天皇賞 秋 予想

天皇賞は、日本の日本中央競馬会(JRA)が年2回施行する中央競馬の重賞(GI)競走である。正賞は天皇賞・日本馬主協会連合会会長賞です、東京競馬場GIレース、芝2000メートル
天皇賞 秋 前哨戦
1 天皇賞・春(GI) 京都芝3200m
2 宝塚記念(GI) 阪神芝2200m
3 札幌記念(GII) 札幌芝2000m
4 オールカマー(GII) 中山芝2200m
投資競馬
競馬予想ランキング
競馬予想

初心者&競馬女子カテゴリー

競馬初心者を卒業しよう。

関連カテゴリーショートカット

  • 即PAT
  • 予想アプリ
  • 悪徳業者
  • Live!

勝ちながら覚えるおススメ競馬予想サイトはここ↓

天皇賞 秋 予想

「レースの裏側を知る」つまりは「他人が知らないことを知る」ことです。精鋭の競馬のプロが独自の情報網を駆使し、日々情報収集に奔走しています。その裏づけある情報により確実に馬券に絡む馬の情報を提供することができるのです。その情報なしでは、「たまに買えばたまたま的中した」ということはあるでしょうが、コンスタントに勝ちつづけることが出来ないでしょう。 投資としての競馬はコンスタントに勝ち続けなければ意味がありません。

予想利用者の評価・レビュー

大阪府 ひろ
明日もたのしみ。見てるだけでも楽しいって思ってたけど、的中するともっと好きになりますね。
06-27 01:32:36
埼玉県 のりまき
初心者ですけど、分かりやすいし当たるし、文句ないです。
ただ、予想氏を誰にしていいのかがちょっと悩みどころです。でもそれも楽しいですけど。来週から大きいレースが続くんですよね?来週はキャンペーンに参加するので、的中下さいね。
06-27 01:28:13
鹿児島県 タクシー
今日は本当にありがとうございました。
100万円オーバー頂きました。何度経験しても良いものですね。一瞬にして100万円を超える収益が確定する瞬間。堪りません。本当に良い想いをさせて貰ってるので何かお礼をさせて貰わなくてはと考えています。
毎週参加させて頂きますので、宜しくお願いします。
06-27 00:31:00

過去の天皇賞(秋)関連記事

ビッグブラウン3冠ならず
現地時間7日、米・ベルモントパーク競馬場で行われた米3冠最終戦・第140回ベルモントS(3歳、米G1・ダート12f、総賞金100万米ドル)は、A.ガルシア騎手騎乗のダタラ Da'Tara(牡3、米・N.ジトー厩舎)が先手を取り、デニスオブコーク Denis of Corkに5.1/4馬身差をつけ逃げ切った。勝ちタイムは2分29秒65(良)。2.3/4馬身差の3着にアナクナカル Anak Nakalとレディーズエコー Ready's Echoが同着で入った。

デープスカイは天皇賞へ
9月28日の神戸新聞杯(GII)を快勝し、今後の動向が注目されてたディープスカイ(牡3、栗東・昆貢厩舎)が菊花賞(GI)を回避し、11月2日に東京競馬場で行われる天皇賞・秋(GI)に出走することがわかった。
同馬は今年の毎日杯(GIII)で重賞初制覇を飾ると、続くNHKマイルC(GI)、日本ダービー(GI)を制して変則2冠を達成。約4か月ぶりの神戸新聞杯も勝って重賞4連勝を果たしていた。天皇賞後はジャパンC(GI)に向かう予定。通算成績12戦5勝(重賞4勝)。 なお、今年の天皇賞・秋には昨年のダービー馬ウオッカ(牝4、栗東・角居勝彦厩舎)も参戦予定。凱旋門賞(仏G1)で10着に敗れたメイショウサムソン(牡5、栗東・高橋成忠厩舎)も出走が検討されており、3世代のダービー馬が激突する可能性が出てきた。

ダイワスカーレット天皇賞へ
昨年の3歳女王ダイワスカーレット(牝4歳、栗東・松田国)は天皇賞・秋(11月2日・東京)で復帰することが15日、正式に決定した。4月の大阪杯を快勝後、右前脚の管骨骨りゅうが判明。秋競馬での復帰に向けて9月5日に帰栗し、順調に調教を消化。始動戦に注目が集まっていた。
水曜朝は安藤勝を背に、栗東DWを馬なりで6F85.2-40.4-12.5秒の時計をマーク。松田国師は「天皇賞・秋へ行くということでオーナーサイドの了承を得ました。馬体も今は510kg台(前走498kg)に絞れており、気合も乗り過ぎるぐらいに乗っています」と手応えを語った。 その後のローテについては「秋は2戦だけ」と話しており、有馬記念(12月28日・中山)へ直行する可能性が高い。また「今年無理をしなければ、来年は獲りたいレースを獲れる」と、来春には1年越しのドバイ遠征も視野に入っている。

トップガンジョー、秋の天皇賞へ直行
新潟記念を制して重賞2連勝中のトップガンジョー(牡4歳、美浦・和田厩舎)は、秋の天皇賞(10月20日、東京、GI、芝2000メートル)へ直行する。和田調教師が31日に明らかにしたもの。 同馬は29日に千葉にある和田牧場入りし、本番に向けて英気を養う。間隔を開けたのは、エプソムC優勝から2カ月ぶりだった新潟記念でも快勝するなど鉄砲駆けが利くタイプで、東京コースが【3.1.0.1】と得意の左回りであることを踏まえたもの。陣営にとって天皇賞は万全の出走態勢が敷けそうだ。
馬券裁判男 最高裁判決 特設ページへ
MENU