有馬記念予想

TOP
有馬記念,予想

有馬記念予想


中山競馬場開催で行われている有馬記念はGⅠに格付けされる芝2,500mの国際競争3歳以上定量戦です。負担重量は3歳牡馬55kg、3歳牝馬53kg、4歳以上牡馬57kg、4歳以上牝馬55kgになります。 1956年に創設された歴史あるレースで、開催回数は50回を超えます。1着賞金は2億円と高額で、年度最後に行われるグランプリレースであることから最強馬決定戦の様相が漂います。創設時よりファン投票で出走馬が決定され、各世代を代表する人気実力馬が集います。ファン投票1位馬の勝率は3割程度といったところでしょうか。厳しいメンバー構成の割には健闘している印象です。 有終の美を飾ったオグリキャップ(1988年・1990年)や奇跡の復活を果たしたトウカイテイオー(1993年)など印象的なシーンも多く、優勝馬にはシンザン(1965年)、スピードシンボリ(1969年・1970年)、トウショウボーイ(1976年)、テンポイント(1977年)、グリーングラス(1979年)、シンボリルドルフ(1984年・1985年)、メジロパーマー(1992年)、ナリタブライアン(1994年)、マヤノトップガン(1995年)、グラスワンダー(1998年・1999年)、テイエムオペラオー(2000年)、シンボリクリスエス(2002年・2003年)、ゼンノロブロイ(2004年)、ディープインパクト(2006年)、ダイワスカーレット(2008年)など時代を代表とする錚々たる面子が名を連ねます。 近年では2002年から2004年にオリビエ・ペリエが3連覇を果たすなど外国人ジョッキーの活躍が目立つようになってきました。
投資競馬
競馬予想ランキング
競馬予想

初心者&競馬女子カテゴリー

競馬初心者を卒業しよう。

関連カテゴリーショートカット

  • 即PAT
  • 予想アプリ
  • 悪徳業者
  • Live!

勝ちながら覚えるおススメ競馬予想サイトはここ↓

競馬 買い方

安定した収支を実現していただく為に、当サイト独自の競馬界内部情報と競馬予想界の重鎮による買い目でお客様を完全サポート!数ある競馬情報サイトの中でもトップレベルの的中率を誇る当サイトで、常識を超えた的中率を体験してください!

予想利用者の評価・レビュー

京都府 らーく
スゴイの一言、もっと早くから知っておけばよかった
05-23 15:52:04
東京都 パイパニック
全部に参加しても全然損はないですね。いつもの全キャンペーンに参加する時よりは配当は少な目だけど文句なし。来週もお願いです。オススメで的中したって事は制度は間違いって事でね。本当に素晴らしいです
05-23 15:22:33
静岡県 やま
不安定ではありますが、凄いですね。ファンなので毎回即効で購入させて頂いておりますが、本当に好きですね。来週もお願いします!
05-23 14:36:04
馬券裁判男 最高裁判決 特設ページへ

過去の有馬記念関連記事

有馬記念は37年ぶり牝馬V
28日、中山競馬場で行われた第53回有馬記念(3歳上、GI・芝2500m、14頭立て)は、安藤勝己騎手騎乗の1番人気ダイワスカーレット(牝4、栗東・松田国英厩舎)が、好スタートを切ると終始先頭をキープ。勝負どころで後続が一気に押し寄せたが、最後の直線に向いても脚色は衰えず、最後方から追い込んだ最低人気アドマイヤモナークに1.3/4馬身差をつけて完勝した。勝ちタイムは2分31秒5(良)。さらに3/4馬身差の3着には10番人気エアシェイディが入り、昨年の覇者で2番人気のマツリダゴッホは12着に敗れた。
勝ったダイワスカーレットは、父アグネスタキオン、母は91年クイーンC(GIII)など重賞4勝のスカーレットブーケ(その父ノーザンテースト)という血統。半兄に04年皐月賞(GI)、06年天皇賞・秋(GI)、06、07年マイルCS(GI)、07年安田記念(GI)を勝ったダイワメジャー(父サンデーサイレンス)、半姉に00年新潟3歳S(GIII)を勝ったダイワルージュ(父サンデーサイレンス)がいる。06年11月のデビューから2連勝を飾ると、昨年は桜花賞(GI)と秋華賞(GI)でいずれもウオッカを破り2冠制覇。初の古馬相手となったエリザベス女王杯(GI)も制すと、続く有馬記念ではマツリダゴッホの2着に入り、昨年度のJRA賞最優秀3歳牝馬に選出された。今年はフェブラリーS(GI)からドバイ遠征を予定していたが、フェブラリーS直前に右目を負傷。大阪杯(GII)を快勝するも、脚部不安のため再び休養入りし、約7か月ぶりのレースとなった前走の天皇賞・秋ではウオッカからハナ差の2着に敗れていた。通算成績12戦8勝(重賞6勝)。
なお、牝馬による有馬記念制覇は71年トウメイ以来、37年ぶりの快挙となる。

有馬記念ファン投票最終結果発表
ディープインパクト11万9940票で1位 得票率78.4%
有馬記念のファン投票最終結果が7日、JRAから発表され、ラストランとなるディープインパクト(牡4歳、栗東・池江郎厩舎)が11万9940票を集め、2位のダイワメジャーに3万6000票近くの大差をつけた。得票率は昨年の77.5%を上回る78.4%。 無敗3冠馬に輝き、ファン投票1位で出走した昨年はハーツクライに初の黒星を喫した。今年はその雪辱、さらに中央競馬史上最多タイの“7冠”がかかる。今年こそ、ファンの夢をかなえて有終の美を飾る。
7日発表された有馬記念ファン投票最終結果は、11万9940票を獲得したディープインパクトがダントツ(昨年は16万297票)。有効投票件数は15万2399件(有効投票総数は137万5941票)で、ディープインパクトの得票率は昨年の77.5%を上回る78.4%。インターネット投票の受付を開始した1998年以降で最高だ。
MENU